IOPEは、独自の研究によって韓国コスメテクノロジーの歴史をつねに塗り替えてきました。
植物の生命力とバイオテクノロジーがお互いを無限に高め合うこと、そこで未曾有の力を引き出すこと・・・
それがIOPEの使命です。

植物科学の時代 PLANT SCIENCE

IOPEは、自然界を生きる生命の不思議に魅せられ植物に潜む神秘の力を追求してきました。

1997 Retinal 2500

1996~1998

女性がかかえるあらゆる肌トラブルに対し、IOPEは生命が宿しているエネルギーを効果的に肌に届けるバイオサイエンスへの第一歩を踏み出します。時は動物性のバイオテクノロジーに疑問が呈された時代。IOPEはまず、植物の底知れない力を引き出す研究に力を注ぎました。

1996年:高濃縮の植物抽出物を基盤とするIOPEブランドを立ち上げる
1997年:韓国初のレチノール安定配合によって機能性化粧品カテゴリーを確立

生命工学技術の時代 BIO TECHNOLOGY

IOPEは、“生命”と“技術”という2つの力の不思議がお互いを高め合うところにこそ、人を美しくする真実の答えがあると考えました。

2008 AIR CUSION EX

1999~2011

“理想の肌”は実現できる・・・IOPEは独自の肌研究からそう確信し、そのためのスキンケアテクノロジーを日夜進化させてきました。文字通りのバイオテクノロジーを化粧品に応用する革新的な研究が、大きな成果をもたらした時代です。

2000年:ナノ乳化技術の研究
2006年:伝達技術の研究
2008年:プラントステムセルおよびスキンステムセルの研究
2009年:ニューロコスメティックスの研究
2010年:遺伝子研究、バイオサイエンス研究所を設立

IOPEだけのバイオテクノロジー BIO SCIENCE

進化するブランドとして、肌に真摯に向き合い続けること。IOPEは立ち止まることなく”生命美”を追求し続けます。

2012 BIO ESSENCE

2012~現在

IOPEは、韓国国内では誰もが知るテクノロジーブランド。
1996年のデビュー以降、この十数年間で植物科学から先端技術へ、そして再びバイオの領域へと歩を進めてきました。そして今では肌の悩みだけにとどまらず、“人が輝くための美しさへのアプローチ“をテーマとした独自のスタンスを築いています。

2012年:バイオリドックスの研究
2013年:バイオアクティブターゲッティング技術の研究