3日後の肌に、心も弾む期待

93.7%美肌酵素液

肌本来の美しさのもととなる生命力を引き出す

バイオ エッセンス スキン コンディショニング

BIO ESSENCE SKIN CONDITIONING

無香料無着色無鉱物油パラベンフリーアルコールフリー

※1.Bio-redox™を製品中93.7%使用。
※2.womediaブロガーアンケート・アモーレパシフィックジャパン社調べ(2014年8月20日~9月9日実施)

2014年9月 正式販売開始

酵素美容で透き通るような
なめらか肌へ

バイオ エッセンス スキン コンディショニング

BIO ESSENCE SKIN CONDITIONING

168ml(朝晩1日2回の使用で約28日分)※2

※2.使用方法により異なります。

専用コットン付 たっぷり美肌酵素液を含んで
ムダなく肌に届けるぴったり仕様!

肌のリズムを整えるコットン素肌酵素液

カートに入れる

カートに入れる

購入はこちら

※別途送料がかかります。1回のお買物で5,400円(税込)以上ご購入の場合、送料無料となります。

肌のリズムを整えるコットン素肌酵素術

コットン素肌酵素術

ちょっぴり贅沢なベーシックケア、

肌のリズムを整える素肌酵素術です。

朝と夜、専用コットンで1日2回の3ステップ

洗顔 朝やお風呂上りの洗顔後

  • STEP1

    深くしみ込む

    100タッピング

    コットンにたっぷり贅沢にバイオエッセンスを含ませて、まずは両頬を各30回、次に額20回、鼻・顎を各10回タッピングします。合計100回のタッピングは、約30秒程度です。

    朝:半目盛り 夜:半目盛り 1日2回のケアで1目盛りが目安です。

  • STEP2

    肌をみがく仕上げの

    3ストローク

    仕上げに肌表面をゆっくりとすべらせるように、額・頬上部/頬下部・こめかみに向けて3ストロークでふきあげ。肌をすっきり整えることで美肌酵素を定着させます。

  • 週に1~2回が目安。もちろん毎日でもOK!

    STEP3

    美肌酵素を逃さない

    3分間マスク

    タッピング後のコットンを2枚に薄くはがし、両頬に貼って3分ほどマスク。美肌酵素液をよりゆっくり深く行き渡らせることで、有用成分をしっかり閉じ込めます。

    ケアした後の肌は
    キメがなめらかに。

酵素美容で透き通るような
なめらか肌へ

バイオ エッセンス スキン コンディショニング

BIO ESSENCE SKIN CONDITIONING

168ml(朝晩1日2回の使用で約28日分)※2

※2.使用方法により異なります。

専用コットン付 たっぷり美肌酵素液を含んで
ムダなく肌に届けるぴったり仕様!

カートに入れる

購入はこちら

※別途送料がかかります。1回のお買物で5,400円(税込)以上ご購入の場合、送料無料となります。

バイオ エッセンス スキン コンディショニング:配合成分

●全成分:
サッカロミセス培養液、ナイアシンアミド、ウンシュウミカン果皮エキス、グリセリン、グリセレス-26、セイヨウノコギリソウエキス、エチルヘキシルグリセリン、β-グルカン 、アデノシン、サッカロミセス培養物、ビワ葉エキス、ヒメフウロエキス、サーマスサーモフィルス培養物、水、ペンチレングリコール、プロパンジオール、EDTA、EDTA-2Na、ヒドロキシエチルセルロース、キサンタンガム、デヒドロ酢酸Na、フェノキシエタノール、ソルビン酸K

<使用方法>

●使用量(1回分):適量(約3mlを目安としてください。ボトルの1目盛は1日朝晩・2回分の6mlです。) ※3日間サンプルは1目盛(3ml)1回分としてご使用ください。
●朝晩のスキンケアにご使用ください。 洗顔後、1回分(約3ml)を専用コットンにとり、やさしくなじませパッティングしてください。 その後美容液やクリームで肌を整えます。

<注意事項>

1.お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、ご使用をおやめください。そのまま使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。
(1) 使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合。
(2) 使用したお肌に、直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合。
2. 傷やはれもの、湿疹等、異常のある部位にはお使いにならないでください。
3. 目に入らないようにご注意ください。万一目に入った場合はすぐに水かぬるま湯で洗い流してください。
4. 乳幼児の手の届く場所、直射日光の当たる場所、高温多湿または極度に低温になる場所には置かないでください。