国内販売累計42万個突破*のIOPEエアクッションから 究極のナチュラルタイプが新登場!!

素肌のように軽いのにみずみずしさずっと続く――― まるでファンデーションを塗っていないかのようなナチュラル感!透明感あふれるツヤ肌へ。

IOPE(アイオペ)エアクッション XP(N23)
SPF50+/PA+++

AIR CUSHION XP

オールシーズン対応

* 2012年5月~2016年6月までの国内累計販売数(アモーレパシフィックジャパン株式会社調べ)

カートに入れる

パイオニアのIOPEが生み出したベースメイクの衝撃※3
“クッションファンデ”とは?

世界初のパウダーでもリキッドでもない新感覚の多機能ファンデーション

誰でもムラなくキレイに、そして簡単にプロ並みのベースメイクを実現

各国の女性を魅了し、全世界でのIOPE「エアクッション」の累計販売数は、なんと3000万個!

そして・・・日本屋内でも早くも42万個突破!

※3 リキッドベースをクッションに染みこませた形状であること
※4 スタンプタイプの形状が世界初。株式会社Mintel ビューティー&パーソナルケア2013年データベース調べ
※5 2008年3月~2016年4月末の全世界累計販売数(アモーレパシフィック社調べ)
※6 2012年5月~2016年6月までの国内累計販売数(アモーレパシフィックジャパン株式会社調べ)

私たちが使い続ける理由!リピーターの方々からうれしい声が続々届いています。 ※10

  • 仕上がりがナチュラルでしかも時短。忙しい朝にぴったり! 27歳 乾燥肌
  • ツヤツヤなのに、1日中ヨレずに崩れ知らずで感動! 48歳 混合肌
  • UVケアもできるのに薄付き。みずみずしい着け心地も抜群! 36歳 乾燥肌

95%が満足!現役CAさんも絶賛 ※9

※7 2013年10月、12月に実施の「エアクッション サンブロック EX」モニターアンケート回答より。(アモーレパシフィックジャパン株式会社調べ)
※8 2013年5月1日(水)~5月9日(木)20~40代女性(現役キャビンアテンダントの方)118名のホームユーステスト

そんなIOPEのクッションファンデから、新たなエアクッションが登場!
素肌そのものの美しさを引き出し
みずみずしいうるおい感が持続する、自然なツヤ肌を求める方に――。

エアクッション XP(N23)の特長

  • スキンケア

    エアクッション史上最高のうるおい感。保湿力約3倍**アップ!!

    ベタつきにくく、肌への刺激も少ない保湿成分を、既存のエアクッション サンブロック EXと比較して、約3倍**アップしました。肌のうるおいサポートが強化され、長時間、みずみずしいしっとりとした肌が続きます。

    肌にぷるっとしたハリを与え、弾力をプラス!

    厳選したシベリア伝統の植物6種類から抽出した植物性糖タンパク質。
    植物の成長過程において、何らかの変化が生じた際、それを補うためのサポート機能をするタンパク質で、天然保湿因子(NMF)、肌の弾力を司るコラーゲン、エラスチンで美肌へと促す効果があると言われています。
    皮膚に吸収されやすく、肌にぷるっとしたハリを与え、小鼻周りの弾力をプラス!

    PG、BG
    ** 既存のエアクッション サンブロック EXとの比較

  • 化粧下地

    気になる毛穴や、小ジワをカバー

    透明で弾性のあるクッションパウダーが、余分な皮脂を吸収。テカリを抑えて、光を乱反射することで、気になる凹凸をカバーし、ハリのあるツヤを生み出します。アデノシン配合で肌トラブルから保護する働きをもち、乾燥による小ジワを目立たなくします。***

    *** メーキャップ効果による

  • ファンデーション

    クッション式リキッドタイプ

    ピタッと密着してメイクが崩れにくい

    微細な気孔のクッションと専用パフにより、ムラなく簡単にのびてピタッと密着するのでメイクの美しさが長持ち。また、独自技術の「Sweat-Proof」により汗や皮脂にも強く、時間が経っても美しい仕上がりを保ちます。

ベースメイクの悩みをエアクッションが解決!

朝、時間がない

もう30分早く
起きればいいんだけど、ね…

外出先の化粧直し

UVケアもしたいけど、
手が汚れるのもイヤだし。

夕方になるとくすんできちゃう…

化粧崩れしにくい

ものが欲しいなぁ

季節の変わり目は、

乾燥で肌がカサついて

化粧ノリまでわるくなる。

メイクが苦手で

いつも思ったように
仕上がらなくてイライラする!

IOPE エアクッション特長

スキンケアの後はこれひとつでお出かけ準備OK!

マルチ機能の新感覚クッションファンデが
朝から夜までキレイを叶えます。

  • UVケア

    SPF50+/PA+++

    高SPFなのに
    重ねても軽い仕上がり

    成分の詳細

  • 化粧下地

    クッションパウダーの
    弾性力

    自然なカバー力で
    ハリのあるツヤ肌をキープ

  • スキンケア

    美容液配合で
    うるおい続く

    乾燥が気になる季節も
    肌のハリ感を演出

  • ファンデーション

    リキッドINクッション

    ピタッと密着
    メイク崩れの心配いらず

時短でテクニック不要!
プロ技のようなうるツヤ肌に仕上がります。

いつでも気軽に化粧直しと同時にUVケアも完了!

外出はこれひとつでOK
重ねてもヨレ知らずの軽やかUVケアです。

  • 簡単&速攻

    あっという間にベースメイク完成

  • 携帯しやすい

    コンパクトタイプでバッグにポン!

  • 手が汚れない

    リキッド&パフでメイク後も
    手洗い不要

専用パフでトントン塗るだけ
朝はスキンケアの後に、日中は必要なたびに。

簡単&速攻でうるツヤ肌をつくる スタンプメイク法

  • 1. 専用パフが適量吸収

    付ける分量はこれくらい。
    付け過ぎないように注意してください。

  • 2. ポイントはたたき込む!

    軽くトントンたたき込むようにタッピングします。薄く均一につき、ツヤ感が増します。

  • 3. すっとのびてうるツヤ肌が完成!

    目元や小鼻など、細かい部分もパフの
    角度を変えながら仕上げていきます。

「色味が肌とあってないかも?」

いえいえ、実は少し時間がたつと自然に肌になじむというヒミツが!
塗った瞬間の色味が合わないと感じられる方は、少し時間を置いてチェックしてみてください。

「ヨレた時はどうすればいいの?」

もし、外出先などでヨレが出てしまっても、上からトントンと重ね塗りいただければ、
すぐにうるツヤ肌が復活!すっとのびて軽く仕上がるので重くなってしまう心配も無用です。

カートに入れる

エアクッション XP(N23):配合成分

●全成分:
水、シクロペンタシロキサン、酸化亜鉛、酸化チタン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、PEG-10ジメチコン、フェニルトリメチコン、ジ(カプリル/カプリン酸)BG、アルブチン、ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、BG、酸化鉄、シリカ、リパーゼ、キトサン、レシチン、(アクリレーツ/アクリル酸エチルヘキシル/メタクリル酸ジメチコン)コポリマー、(アクリレーツ/アクリル酸ステアリル/メタクリル酸ジメチコン)コポリマー、ポリヒドロキシステアリン酸、塩化Na、水酸化Al、ステアリン酸、トリエトキシカプリリルシラン、パルミチン酸オクチル、パルミチン酸イソプロピル、イソステアリン酸、ジステアルジモニウムヘクトライト、ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-3、ポリメタクリル酸メチル、(HDl/トリメチロールヘキシルラクトン)クロスポリマー、ジメチコン、トリメチルシロキシケイ酸、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、エチルヘキシルグリセリン、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、香料

<使用方法>

●使用量(1回分):適量
●朝、化粧水や乳液・クリームなどで肌を整えたあと、化粧下地やファンデーションの段階でご使用ください。または、日中必要な時にご使用ください。(メイク前後に使用可能)
パフをエアクッションにあてリキッドを適量をとり、お顔の中心部分から外側へとやさしくたたき込みながらなじませます。お粉やルースパウダーは必要に応じてお使いください。

<注意事項>

1.お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、ご使用をおやめください。そのまま使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。
 (1) 使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合。
 (2) 使用したお肌に、直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合。
2. 傷やはれもの、湿疹等、異常のある部位にはお使いにならないでください。
3. 目に入らないようにご注意ください。万一目に入った場合はすぐに水かぬるま湯で洗い流してください。
4. 乳幼児の手の届く場所、直射日光の当たる場所、高温多湿または極度に低温になる場所には置かないでください。

紫外線の防止効果について

※SPFとは…主に紫外線B波(UVB)による赤くなる日やけの防止効果を表し、数値が大きくなるほど防止効果が高くなります。SPFが50程度であれば紫外線の強い場所や紫外線に過敏な人であっても紫外線B波による炎症を防止できるとの考えから、SPFが50より有意に高い場合には、「SPF50+」と表示されます。

※PAとは…紫外線A波(UVA)による短時間で皮膚が黒くなる反応を指標にしたUVAの防御効果を表しています。「+」の数が多いほどUVA防止効果が高く、「PA+++」はUVAの防止効果が非常にあることを示しています。