「パイオニアブランド IOPEとしての誇りと自信。」

すべての製品を
自社施設で研究・開発!

約350名にもなる自社の皮膚科学研究員が中心となり、IOPEのエアクッションシリーズやその他の製品は日々研究・開発されています。
IOPEは、「Integrated Effect Of Plant Extracts=追求され続ける植物抽出物の力が肌にもたらす、完全なる効果」という意味が込められています。肌本来の美しさを引き出すこと、それがIOPEが目指すフィロソフィーであり、真の価値だと考えます。

“メイクの上からでも塗り直しのできる
軽い感触のUVクリームが欲しい!”

IOPEの<エアクッション>は
女性たちのリアルな声に応えるために開発されました。

発明までの道のりとは?

1.独自の技術でクッションにリキッドファンデーションを閉じ込めた!
ヒントは印鑑用の朱肉にあった!

IOPEの研究陣は、液体が溢れ出ることなく、均一に押すことができる朱肉の特性に着目。「朱肉の作りを応用すればムラなくキレイに塗布できる製品ができる」。この確信から、本格的な製品開発がスタート。

研究に研究を重ね、独自のクッションを開発しました。
繊細な気孔に成分のひとつひとつが入りこむことで均一でクリーミーなテクスチャーを実現させました。

2.ムラなく均一にピタッと密着!エアクッション専用のパフ

エアクッションのために、素材や形状から使用感にいたるまで、試行錯誤を重ねてたどりついた理想を形にしたこだわりの専用パフです。
極限までなめらかさを追求したパフ表面の素材が、クッションに含まれる水分を瞬間的に吸収。ソフトな肌あたりで、パフで軽くトントンたたくようにのばすだけで、中味がさっと放たれ、均一にピタッと密着します。

3.世界初、クッションファンデーションの誕生!

試行錯誤を重ね、IOPEが世界で初めて、パウダーでもリキッドでもない、クッションファンデーションという新たなカテゴリーを築きました。
リキッドベースがクッション(発泡ウレタン)に染みこんだ形状の化粧品として、韓国はもちろん日本※2 でも特許を取得しています。

※1 スタンプタイプの形状が世界初。株式会社Mintel ビューティー&パーソナルケア2013年データベース調べ

※2 日本での特許登録番号:特許第5465357号(2014.01.31) 発明の名称「化粧組成物が含浸されたポリエーテル系ウレタンを含む化粧品」。韓国での特許登録番号: 特許第1257628号(2013.04.17)

進化するクッションファンデ
あなたは、どのエアクッション?
  • 詳しくはこちら
  • 詳しくはこちら
  • 詳しくはこちら
  • 詳しくはこちら